お知らせ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10
  • 2013.11.02
    11/18(月)札幌駅発着「北海道の未来を守る現場見学バスツアー」参加者募集のお知らせ。

    マイクライメイトジャパン株式会社が事務局を務める北海道地域カーボン・オフセット推進ネットワークでは、平成25年度カーボン・オフセット特定地域協議会の活動の一環として、下記の通りバスツアーを開催いたします。

    ◇北海道の未来を守る現場見学バスツアー
    ~温暖化対策の現場である森林や工場を見学し、環境貢献事例の話を聞こう!~

    北海道内の温暖化対策の現場をバスで巡り、持続可能な森林経営や植物油からできる燃料の活用など、温室効果ガス削減の取組を見学。さらにセミナーを通してカーボン・オフセットなど自らできる温暖化対策のヒントを学びます。

    ※参加費無料(昼食付)、事前登録制、先着100名

    ◇ 日時
     2013年11月18日(月)10:00~18:00

    ◇ 会場:[現場]石狩市市有林、北清企業株式会社 [セミナー会場]みなくる(石狩市)

    ◇ 主催:北海道地域カーボン・オフセット推進ネットワーク 

    ◇ 後援 北海道

         北海道カーボン・アクション・フォーラム
          環境省北海道地方環境事務所(予定)
         

    *プログラム、応募方法などについては、次項および文末のPDFをご参照ください。
    ◇ プログラム
      ●9:50- 札幌駅北口集合・バス乗車開始

       ●10:00- 出発

       ●10:40- 北清企業バイオディーゼル燃料活用プロジェクト見学
       ●13:30-  石狩市市有林間伐促進プロジェクト
             ~ニシンが群来(くき)る豊かな海を未来に繋ぐ森づくり~ 見学

      ●15:30-17:00 セミナー ~現在進行形の環境貢献事例~

            1.環境活動を展開するボランティアの移動のカーボン・オフセット

             [ 講師] NPO法人ezorock 
              ボランティアコーディネーター  大熊 啓介 氏
            2.カーリングチーム「はーちゃんズキッズ」のカーボン・オフセット

             [ 講師 ] NPO法人シーズケーツー 
              代表  吉田 和昭 氏
            3.「 北海道の森に乾杯!」キャンペーン

             [ 講師 ] サッポロビール株式会社
              戦略企画部 副部長  清水 周子 氏
      ●-18:00 札幌駅北口到着・解散

    ※プログラムの順序・内容・時間等は変更になる場合がございます。

    ◇ 応募方法
      メールもしくはFAXにて、お名前、参加人数、ご住所、電話番号、
       法人の方は会社名を明記の上
      北海道地域カーボン・オフセット推進ネットワーク事務局(マイクライメイトジャパン株式会社内)
       メール:offsetmyclimate.jp
      FAX:03-6228-3388 までお申込みください。
       【申込締切日時】2013年11月11日(月)12:00まで

    ◇ お問合せ先
       ・ 北海道地域カーボン・オフセット推進ネットワーク事務局(マイクライメイトジャパン株式会社内)
         メール:offsetmyclimate.jp
       TEL: 03-6228-3616

    ◇ご来場のみなさまへ

    当日は、季節柄、暖かい服装で、CO2排出削減のため、なるべく公共交通機関をご利用の上、お集まりください。


    ◇ 個人情報の扱いについて
      ※個人情報を第三者に提示・開示することはありません。
      ただし、当協議会の取り扱うサービス情報を提供するために使用させていただくことがあります。

    北海道地域カーボン・オフセット推進ネットワークは、環境省が公募した「平成25年度カーボン・オフセット特定地域協議会」の採択を受け活動しております。

    詳細・参加申込書はPDFをご覧ください。


  • 2013.10.31
    第10回カーボン・オフセット制度登録認証委員会において、当協会会員がオフセット・プロ バイダープログラムの参加者として認められました。

    株式会社ウェイストボックス
    http://www.jcs.go.jp/opp/opp_wastebox.html

    オフセット・プロバイダーとは

    環境省の指針において、「市民、企業等がカーボン・オフセットを実施する際に必要なクレジットの提供及び カーボン・オフセットの取組を支援又は取組の一部を実施するサービスを行う事業者」と定義されています。
  • 2013.10.29
    第29回分科会を開催致しました。
  • 2013.10.28
    カーボン・オフセット第三者認証基準改訂における国内クレジットの取扱について意見書を提出しました。

    カーボンオフセット協会は、2013年7月1日付で改訂されたカーボン・オフセット第三者認証基準おける国内クレジットの取扱について、意見書を取りまとめ、カーボン・オフセット制度事務局及び関係政府宛てに意見書を提出致しました。


    2013731


    カーボン・オフセット第三者認証基準改訂における

    国内クレジットの取扱についての提言

     

    カーボンオフセット協会

    会長 長谷川 勝也

    【提言】

    2013年度71日付で改訂されたカーボン・オフセット第三者認証基準に関する議論を受けて、カーボン・オフセット第三者認証基準における利用可能なクレジットとして、国内クレジットの活用を認めるよう、再度改訂を行うことを求める。


    【要旨】

    1.      国内クレジットはユーザーのニーズが高く、多くのカーボン・オフセットの取組に活用されており、十分な供給量が確保されていることから、今後もカーボン・オフセットに用いられるクレジットとして期待が寄せられている。

    2.      2013年度76日付の第32回国内クレジット認証委員会発表資料では、認証された国内クレジット量:1,504,232t-CO2のうち、468,081 t-CO231.1%)が償却されており、CSR・オフセットを目的として償却されたものは186,461 t-CO212.4%)であった。これより、現在はCSRを目的としたユーザーのニーズの高さが窺える

    3.      2013年度71日のカーボン・オフセット第三者認証基準の改訂により、2013年度以降の排出削減分の国内クレジットについて、J-クレジットへの移行届を行ったものについては利用を認めるものの、2008年度から2012年度までの排出削減分となる国内クレジットについては、これまで認められていたカーボン・ニュートラルの取組の50%未満についても利用が一切認められなくなった。

    4.      これまでに創出された国内クレジットは、現在も市場で数多く利用されており、時間軸の違いだけでクレジットの質として変わりはなく、国内クレジットの利用を制限することは制度として矛盾するとともに、既存のクレジット創出者が不利益を被ることが考えられる。ついては、2013年度以降に削減された移行届済のJ-クレジットと同様に、その以前に創出された国内クレジットも100%使用可能とすることを希望する。

    5.      今後、カーボン・オフセットに取り組む事業者等にとって、活用のし易い、より市場の発展と国内の温暖化対策の推進へと繋がる制度設計の見直しを切に要請する。


    以上

  • 2013.10.22

    株式会社ウェイストボックスは、平成25年度 J-クレジット制度ソフト支援事業の再委託先(執行機関:中部経済産業局 委託先:三菱UFJリサーチ&コンサルティング名古屋本部)として、中小企業等の皆様のJ-クレジット制度活用をサポートしております。

    J-クレジット制度の利用可能性診断やCO2排出量の簡易算定を無料で行っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

    ◎お問合せHP

    J-クレジット制度 カーボン・オフセット活用セミナーにおける個別相談会でも無料診断を行います。是非ふるってご参加下さい。

    【開催概要】
     日時:平成25年11月1日(金)14:00~16:00(開場13:30)
     対象:中小企業、大企業、自治体等
     定員:50名(先着順、事前登録制)
     会場:三菱UFJリサーチ&コンサルティング 10階セミナールーム
        (名古屋市東区葵一丁目19番30号 マザックアートプラザ)
     主催:経済産業省 中部経済産業局

    【申し込み方法】
    下記URLより申込用紙をダウンロードの上、FAXにてお申し込み下さい。

    【セミナープログラム】
     14:00~ 「カーボン・オフセット」の仕組みと動向
     14:30~ 「カーボン・オフセット」の最新事例

          1.パタゴニア社の環境活動と今後の展望(仮題)
            パタゴニア日本支社 環境担当 篠 健司 様

          2.環境貢献プラットホームEVIが生み出す事例とその可能性
            カルビー株式会社 事業開発本部 カルネコ事業部
                            事業執行担当 加藤 孝一様

     16:00~ 個別相談会(ご希望者のみ)
  • 2013.10.22
    当協会会員のカーボン・オフセット導入事例を更新しました。
  • 2013.10.01
    新たにカーボンバンク株式会社様がプロバイダー会員に入会しました。
  • 2013.07.30
    第28回分科会を開催致しました。
  • 2013.06.24
    第8回カーボン・オフセット制度登録認証委員会において、当協会会員がオフセット・プロ バイダープログラムの参加者として認められました。

    マイクライメイトジャパン株式会社

    ■株式会社リサイクルワン

    ■カーボンフリーコンサルティング株式会社

    ■三菱UFJリース株式会社

    オフセット・プロバイダーとは

    環境省の指針において、「市民、企業等がカーボン・オフセットを実施する際に必要なクレジットの提供及び カーボン・オフセットの取組を支援又は取組の一部を実施するサービスを行う事業者」と定義されています。

  • 2013.05.28
    2012年度 第6回総会を開催致しました。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10
その他
COAニュース
行動規範
入会のご案内
お問い合わせ