導入事例

北海道フットボールクラブ


担当プロバイダ:マイクライメイトジャパン株式会社
導入事例:北海道フットボールクラブ コンサドーレ札幌 北海道エコ・アクション事務局
排出量:J-VER 28トン
事例:2012 J1リーグ戦 ~ホームゲームのカーボン・オフセット~

導入内容

2012シーズンに開催されたコンサドーレ札幌のJ1リーグ戦全ホームゲームを対象に、試合中90分間会場のエネルギー利用で排出されるCO2を、「三井物産の森」北海道間伐促進吸収プロジェクトで創出されたクレジットを用いてオフセットする年間キャンペーンを展開しました。
当該ホームゲームでコンサドーレ札幌が勝利した場合にはそのCO2の3倍、引き分けで1倍をオフセットする等、勝利する程環境に優しい仕組みづくりを行い、サポーターも巻き込んだ環境貢献を目指しました。
カーボン・オフセットの手続きはマイクライメイトジャパン株式会社が担当しました。 
参考URL:http://eco.hokkaido-np.co.jp/topics/
その他
COAニュース
行動規範
入会のご案内
お問い合わせ